×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP >> 俺の新撰組


コミックシーモア立ち読みはココをクリック

荒々しい男の世界「俺の新撰組」

新鮮組を題材にした漫画やドラマや小説は多いと思いますが、それは、皆、新撰組が出来上がってからの話だと思います。が、この話は、新撰組が出来上がるまでを描いた珍しい作品だと思います。

 

近藤派と、芹沢派とに分かれ、迷走してく新撰組を統一していく内容です。私が魅力的に感じるのは、話が分かりやすく描かれている事です。私は、日本史にうとく、新撰組にも余り興味が無かったのですが、細かい事はしりませんが、面白く読めます。そして、スクリーントーンを使わず、全て手描きの作画等、時代の雰囲気をよく醸し出していると思います。

 

山崎が女性だとか、オリジナルな部分もありますが、描かれ方がしっくりきます。私が今まで読んだ新撰組の小説のどれよりも、本当は、こうだったんじゃないかという気がします。そして、男らしい、荒々しい雰囲気がたまりません。新撰組が好きな人にはぜひ読んで欲しい作品です。